インバウンドの受け入れ態勢を整える

先日、中国人のマナーが悪いと言われていることに対して、受け入れ側で態勢を整えることも大切だというお話をしました(中国人観光客のマナーと受け入れ態勢)。 そのことをある所でお話したところ、今のところ何とかなっているので、コストをかけてまで改善したくないと思っている経営者が多いということを聞きました。
しかし、今は良くても少し先のことを考えると恐ろしくなります。なぜならば、上海にいた時、目先の中国人のお客様だけを頼りにしていて潰れていった日本料理屋さんをたくさん見てきているからです。
マナーの良くない中国人がたくさんやってくると日本人は来なくなります。そして、新し物好きな中国人は間もなく来なくなり、一度離れてしまった日本人も戻ってこないのです。
中国の人たちは日本の商品が良いことを知っています。しかし、日本製と書かれていても中国で売られている物は偽物である可能性があるので、まだまだ日本に来て爆買する状況は続くでしょう。ところが、尖閣問題の時のように国と国との間で大きな問題が起こると、中国人が日本に来たくても来れない状況になります。日本の場合には国が行かせないというよりも、国民が行きたくなくなり需要がなくなるので、旅行会社からパンフレットが消えるという状況になります。しかし、中国は国が日本に来られないようにしてしまうのです。
そうなった時、あてにしていた中国人の需要が無くなり、一度離れてしまった日本人のお客様も簡単には戻ってこないでしょう。だから、「小さな損して大きな得取れ」ではないですが、中国人のお客様も日本人のお客様もどちらもが気持ちよく買い物をしたり食事をしたりできる環境を整えておくことが大切だと思います。そのことによってお互い「食わず嫌い」の状態から理解を深めることができ、更なる経済発展にもつながるのではないでしょうか。一石二鳥だと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる