毛茶

先日、上海に行った時にいつものお茶屋さんで毛茶(荒茶)を頂きました。


毛茶とは製造過程のお茶で、もちろん飲むことはできますが、この後茎を取ったり形成してから販売されます。また、毛茶の段階では劣化するのが早いため、基本的には販売されません。よほどお茶屋さんと仲良くならないと分けてもらえないのです。ですから、ある意味とても貴重なお茶です。それを今回頂きました。


早速、淹れて飲んでみました。茎がついている分甘みが強く、美味しいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる