碧螺茶

 中国緑茶は無発酵のためとてもデリケートなので、作られたその年の夏までに飲むのが理想的です。しかし、帰国してから夏までに中国に行くことができないため、中国緑茶を飲む機会がなくなっていました。そんな中、先日、碧螺茶を知人から頂きました。


 碧螺茶は江蘇省が産地の中国十大茶、そして中国三大緑茶の一種です。
 茶畑ではなく、梅、桃、柿、杏などの果物畑に植えられています。そのため、自然の果物の香りがします。また、茶葉は白毫(産毛)に覆われていて、甘みがあります。そして、2煎、3煎と淹れていくうちに白毫がなくなるとともに緑茶の苦みも出てきて味の変化を楽しめる美味しいお茶です。


 中国茶の淹れ方は一般的に茶葉を先に入れて後からお湯を入れます。しかし、碧螺茶は茶葉が小さくてデリケートで、また重いため、お湯を先に入れてから茶葉を後から入れます。