雨のち快晴に備える

 2003年のSARSが流行した時、私は上海大学に留学中でした。


 2005年と2012年のデモの時も上海で働いていました。だから、報道以外での現地での状況もわかります。


 そして、大きな出来事が起こった後、どうなるのかもわかります。今は大変なこともあります。しかし、「やまない雨はない」、この後、落ち着けば右肩上がりになります。だから、正しく恐れ予防をしながら、その時に備えなければなりません。
 反動でたくさんの中国人観光客がやってきたとき、「やっぱり日本は素晴らしい国だ!日本人のおもてなしは素晴らしい!」と思ってもらえるように・・・

 中国!加油!!