「コロナ」 日本と中国の違い

 私が住む大阪も新型コロナウイルスの陽性者がどんどん増え、とても心配な状況になってきています。
 しかし、中国は大連や北京で若干クラスターが起こっているようですが、基本的には収束しています。上海では通常の生活に戻り、マスクをしていない人もいるぐらいだそうです。
この違いは何なのか?もともと日本在住で、現在上海にいる方に伺ってみました。

 政府が色々な施策をとったことはもちろんですが、人民の自衛意識が高いことが大きかったようです。
 一時期は仕事は在宅勤務、学校も休みになり、全く外に出なかったそうです。それは、罰則があるからではなく、万が一感染して家族にうつしたら大変だという意識が高かったそうです。また、この病気の本当の怖さを知っているのだと思います。実際、私が講師をしている専門学校の中国人留学生たちや日本在住の中国人の友人もとても怖がっています。
 そして、今我慢することで収束させることができ、早く元の生活に戻れるという気持ちもあったのでしょう。
 中国の人たちはもともとは自由奔放な性格の方が多く、自分勝手と思われがちです。しかし、実際には良いと思ったことには積極的に協力するのです。
 以前にもブログに書きましたが、交通ルールやごみの捨て方など非常に厳しくなっています。そこで、急に厳しくなって嫌じゃないのか?何人もの中国人の友人知人にインタビューしました。皆さん声をそろえるように「街が良くなることだから、良いことだ」と言って積極的に取り組んでいるのです。

 一方日本人はマナーが良いとかまじめだとか言われますが、現状はどうでしょうか?
 ダークダックス状態で飲んでいるおじさんたち、屋外だからといってマスクもせずに至近距離でおしゃべりをしたり肩を組んで自撮りをしている若者。陽性者が増えるのは当たり前かもしれません。

 このままでは日本経済はダメになってしまいます。特に大阪はインバウンド客に支えらえていたと言っても過言ではない状況でした。一日も早く収束させて、自由に出入国ができるようになることが重要です。みんなその時を待っています。日本に来たいのです!
 私も出国したいです!
 三密を避け、マスク、消毒、手洗い。ここはひと踏ん張りしましょう!