共生社会– 文化の通訳者により異文化を理解する –

共生社会の実現

「なぜ?」を解決して、
良好な関係作りのサポートをいたします。

日本は少子高齢化により人口減少が進むなかで人手不足が大きな社会問題となっています。その問題解決の一助となるのが、外国人の労働力です。実際にすでに様々な業界で外国人の労働力に依存している状況であり、今後その傾向はさらに進んでいくものと推測されます。

また、日本で留学する人も増加してきていました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時的に減少しても、再び留学生も増えることが予測されます。

そのように日本で働いたり、留学したりする外国人が増えるということは、在留外国人が増えるということです。そこで、日本人と外国人が心地よく共生していける社会を作っていかなければなりません。日本国家としても様々な取り組みをしておりますが、日本で暮らす我々一人一人が彼らとどのように関わっていくかが肝要なのです。
外国の方と日本人は「違う」という観点に立ち、なぜ違うのか?を認識し、どうやって接していけばよいのか?を考えて、行動を変えていくことが必要です。

一方で、私自身が上海で外国人として在住した経験から、異文化の中で暮らし働いていく苦労を十分理解しています。しかし、どんなに大変だったとしても現地の法律を守り、習慣に合わせて生活しなければならないことも身をもって知りました。日本で在留する外国人にも日本や日本人について正しく認識し、日本で生活し働いていくための心構えを持ってもらう必要があります。つまり、「郷に入っては郷に従う」ことの重要性を理解して、行動を律してもらわなければなりません。

また、日本経済の活性化のために、訪日外国人観光客に喜んでお金を落としてもらえる仕組み作りが重要です。それには彼らの思考や嗜好、行動パターンなどを知り、それに合ったものを提供していかなければなりません。また、日本人から見ると違和感を覚えたり不快に思えたり不思議に思う行動も、彼らにとっては当たり前のことなのです。そこで、なぜそういう行動をとるのかを知り、対処していくことが大切です。

外国人材雇用サポート

外国人材雇用サポート

現状すでに外国人が日本社会の一端を担っていますが、今後更に外国人材が必要になってきます。

そこで、異文化を理解し、雇用に対する不安を払拭して、雇用後は彼らが十分に能力を発揮できる環境を整えることが重要です。そのためにお手伝いをさせていただきます。

\個別無料説明会受付中/

インバウンドサポート

インバウンドサポート

「モノ(爆買い)」がはるか昔のこととなった今、「コト(体験)」の時代も終わりました。これからは外国人観光客のリピーターは「ココロ(癒し)」を求め、日本を満喫したいと思ってやってきます。

彼らを取り込むためのノウハウを伝授いたします。