上海の進化① 「何でもスマートフォン」

 支払いもタクシーを呼ぶのもスマートフォンを使うという現状。
 しかし、中国の携帯電話番号がない私はスマートフォンで支払いができないので、現金が使えなかったらどうしよう?と不安でした。けれど、普通に使えるし、お店の人に嫌な顔をされることもありません。

 一方でスマートフォンの活用は更に進んでいます。
 地下鉄の駅で傘を借りるのもスマートフォンでQRコードを読み取ります。


 何でもかんでもスマートフォンを使うので電池が切れることも多いようで、ショッピングモールや飲食店には充電機が設置されていました。


 中国人の友人の話だと、充電器やコードを持ち歩いていない時にはすごく便利ということでした。

 上海では今やスマートフォンが使えないと生活していけないといっても過言ではない状況です。