「コロナ」 日本と中国の違い

 私が住む大阪も新型コロナウイルスの陽性者がどんどん増え、とても心配な状況になってきています。  しかし、中国は大連や北京で若干クラスターが起こっているようですが、基本的には収束しています。上海では通常の生活に戻り、マス …

詳しく読む

必ずV字回復!

 全く同感です!  https://www.yamatogokoro.jp/column/corona_message/37575/?utm_source=newsletter&utm_medium=email& …

詳しく読む

中国が先ゆくパン屋さん

 昔から焼き立てのパン屋さんで、むき出しでパンが売られていることに抵抗を感じていました。  日本は衛生面ではとても配慮されています。しかし、サーモグラフィーで見ると埃がパンの上に降り注いでいるでしょう。また、おしゃべりを …

詳しく読む

雨のち快晴に備える

 2003年のSARSが流行した時、私は上海大学に留学中でした。  2005年と2012年のデモの時も上海で働いていました。だから、報道以外での現地での状況もわかります。  そして、大きな出来事が起こった後、どうなるのか …

詳しく読む

静かになることが良いことなのか?

 上海はドンドン規制が厳しくなり、車のクラクションは鳴らせなくなりました。スマホに夢中になり大声を出す人がほとんどいなくなりました。そのため、街中がとても静かになりました。  駐車車両が無くなり、車の流れもスムーズです。 …

詳しく読む

監視社会がどうした!

 日本で報道されているように中国は街のいたる所に監視カメラが設置されています。そして、全て身分証明書番号で登録して管理されています。正に監視社会です。  それに対して日本では「中国人は個人情報もプライバシーもあったものじ …

詳しく読む

上海の進化⑤ 「中国人の頭の中は時代と共に・・・」

 ここ1~2年で交通ルール、屋内の全面禁煙など規制がドンドン厳しくなっています。昨年の7月からはついにゴミ捨て時の分別が始まりました。そのことは日本でも報道されています。その際に分別方法がとても複雑で、基準は「豚が食べら …

詳しく読む

上海の進化④ 「交通ルールは更に厳しく」

 2018年から交通ルールがとても厳しくなっていたのですが、更に進化しています。  歩行者が信号無視をしないように、ネオンサインかと思うほど大きな信号機が設置されています。    車は道路に二重三重に駐車してい …

詳しく読む