本当は親切な中国人

中国人は愛想ないとか横柄だというイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思います。確かに私が上海で暮らし始めたころは、お店の店員さんも全く笑顔がありませんでした。それどころか怒っているのかと思うような表情でした。

昔は他人は信用できないという風潮があり、警戒心を持っていたのが表情に表れていたのです。笑顔がないのは、その名残のようです。

しかし、店員さんは決して不親切ではなく、淡々と応対をしてくれました。

そのうちだんだん応対が良くなり、私が上海に住んでいた後半ごろには店員さんは笑顔で接してくれるようになったのです。

先日、ドラックストアで買い物をしたとき、レジのスタッフがとても愛想よく受け答えをしてくれました。そして、私のエコバックに丁寧に買った商品を入れてくれたのです。私は会員カードや財布を出すことに夢中になっていて、なかなか店員さんの顔を見ることができませんでした。しかし、お釣りをもらう時にやっと店員さんの顔を見ることができたのです。とっても素敵な笑顔です。名札を見たら中国の方でした。

特別な物を買ったわけではないのですが、彼女が素晴らしい笑顔で対応をしてくれたことに、とても幸せな気持ちになれました。

改めて何人(なにじん)なんて関係ないと思いました。

コロナ禍の中で、日本という外国で不安いっぱいで過ごしているという状況だと推測できます。そんな状況にもかかわらず、素晴らしい接客をされていて、頭が下がる思いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる