白牡丹

久しぶりに中国茶のお話です。
タイトルの白牡丹白茶の一種です。


白茶は使用される部分の違いで二大分類されます。
白芽茶・・・芽だけ又は芽と1枚の葉だけで摘まれる
白葉茶・・・芽と2枚又は3枚の葉で摘まれる
白牡丹白葉茶です。

白茶は涼性のお茶、つまり身体を冷やすお茶なので、蒸し暑い香港では日常的に飲まれています。


実は今日のお茶は上海に住んでいたころに買ったものなので、7~8年経っています。それが逆にすごくおいしくなっていて最近お気に入りです。購入する時にお店の子も「新茶より老茶(数年経ったお茶)の方がおいしいよ」って言っていたのですが、本当にその通りでした。
元々弱発酵茶なのですが、置くことによって発酵が進み味に深みが出てきたのです。水色(お茶の色)も新茶よりも茶色く濃く出ています。なくなるまで大切に飲みたいと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる